「硫黄島からの手紙」

d0051959_0171828.jpg

クリントイーストウッド監督って 映画の神様じゃないかしら?
そんな風に思ってしまった。。。それほど、この作品は良い出来だった。

同じ戦争を両方の視点から撮らなければ。。
そんな想いから この映画は作られたのだけど、
ハリウッド映画の日本をテーマにした 「ラストサムライ」 「SAYURI」があまりにも、本当の日本から離れたところにある様に感じたので 今回もほとんど期待しなかった。
でもさぁ。。それが、あなた、ビックリしちゃったのよ~~。
本当にスタッフ、アメリカ人? 日本のスタッフが半分以上参加しているんじゃないの?
そう疑ってしまうほど 素晴らしい出来だったんです。

そう、これが本当に米国の人に観て欲しい、「日本人の姿」なの。
へんてこなちょんまげの、忍者の、じゃなく、本当の日本人ってこんな感じなの。。
その当たりをビシッと 描いてもらってる。
戦時中の「非国民と言われる恐ろしさ」とか、無茶な事言われても絶対逆らえない軍隊の雰囲気とか、いじめとしか思えない事とか、 海軍と陸軍の確執とか。。。
その時代には生まれてなかったけど、見聞きしてきたその時代の雰囲気を 巧く描いていると思う。

特に あの映像の色。。。
是非 皆さんも映画館でご覧下さい。
戦争映画ですから バンバン死体も出てきます。血も飛び散ってます。
そんなの観たくない、って思う人もいるでしょうね。私もそうだもの。
「ひめゆりの塔」を観た時 どれだけ辛かったか。。。(泣)
。。。いやいや、そうじゃない。「硫黄島からの手紙」は 泣かせる映画じゃないんです。
私が泣いたのは 1カ所だけ。 裕木奈江さんと二宮くんのシーンだけ。
そこ以外はかなり冷静に観たなぁ。。。。頭の中では色々考えたけれど、涙じゃなかった。

アカデミー賞、ノミネートされるでしょうねぇ。。
作品賞、撮影賞、監督賞、助演男優賞。。。この当たりかなぁ。。
外国映画賞は違うよね?全編日本語だけど。。
あれは、制作が外国じゃなきゃダメなんでしょ?
助演男優賞、二宮君。。。最優秀取れないかなぁ。。?
それほど ニノって良かったよ。
個人的には 伊原剛志さんがカッコイイ役どころで 
トキメイタんだけどな(笑)


「硫黄島からの手紙」 公式HP
[PR]