2010年 11月 03日 ( 1 )

もたいさんは とても「いつもののたいさん」でした。
よくカンフー映画に出てくる「お師匠さま!」みたいな雰囲気です。
だまって ウム、とうなずくだけで、すご~~く含蓄がある様な気になります。

この映画のロケは 京都市内の色々な場所で撮影されていて、
大体 「この辺りかな?」と判る場所なのです。
映画を見ている最中に、
「あ~~これって、あそこやん」
「あ。。でもこの場所は たぶんここだから、まったくつながってないのに
これって同じ町内ってせっていなのか?無理ある~~」
・・とか。また色々と考えてしまうので、しっかり物語の中に入っていけないのです。

ほぼ全員が「よそから来た人」
[PR]